衆議院議員(5期) 神奈川第5区(横浜市戸塚区・泉区・瀬谷区)

自民党戸塚区連合支部党員大会を開催しました

恒例の党員大会を戸塚区役所多目的ホールで開催しました。
今回は統一地方選挙前ということで、松田よしあき県議会議員、鈴木太郎市会議員、伏見ゆきえ市会議員がそれぞれの活動報告と次の4年にかける思い、具体的な政策についてお話ししました。

自民党戸塚区連合支部特別顧問のさかい学も国政報告、特に「防衛力強化のための財源確保」について特命委員会の副委員長としての視点からお話しさせていただき、自民党として防衛力の強化についてご理解をいただけるよう丁寧に説明をしていくことをお伝えしました。

また、今回はゲストスピーカーとして、在日ウクライナ政治・外交評論家のナザレンコ・アンドリー氏をお迎えし、ロシアによる侵略戦争から間もなく1年を迎えるウクライナの情勢と、そこから日本が何を考えるべきかについてお話しいただきました。

ご多用のところ多くの方々にご参加いただき、感謝申し上げます。

冒頭に、昨年の参議院選挙で凶弾に倒れた安倍晋三 元総理・総裁のご冥福をお祈りし、全員で黙とうを捧げました。
自民党戸塚区連合支部長の松田よしあき県議会議員からご支援いただいている皆さまにお礼とご挨拶。
自民党戸塚区連合支部幹事長の鈴木太郎市会議員から、党勢報告。
さかい学からは国政の報告と安全保障政策についてしっかりと進めていくことをお伝えしました。
「この会合が始まる数時間前に祖国にいる母が亡くなりました」という話から始まったナザレンコ氏の講演。「降伏して幸せになる国はない(国家なくして命なし)」「ウクライナ人は国に命令されて戦っているのではなく、国民の意思で戦っている」と、なぜ戦い続けているのかを語ってくださいました。
そして、日本は世界の中で大きな役割を担っていると前置きし、「戦後、外国から押し付けられた憲法を一文字も変えることなく遵守する日本人は、海外から見ると『言うことを聞いてくれる(従順な)国民』」と、日本の国民性からくる安全保障のもろさも指摘されました。
議員として2期、子育て経験、主婦としての視点を大切に活動してきた伏見ゆきえ市議。コロナ後の子どもの育成、働く女性の支援など、「子育て政策の伏見ゆきえ」と言われるように次の4年も働いていきたいとお伝えしました。
市議として5期の間にどれだけ戸塚区のインフラが充実したか、そしてそのベースに人口増があったことを指摘し、これからは人口減の中でどれだけ横浜市、戸塚区を住みやすい地域にしていけるかを、具体的な政策を示しながらお伝えしました。
昭和・平成・令和を県議会議員として働き、これからもしっかりと県の仕事をしていくが、憲法改正、拉致被害者の救出など、県議会議員としてもしっかりとサポートしていきたいと意気込みを語りました。
昨年の参議院選挙での皆さまからのご支援に感謝し、「選挙の恩は、選挙で返す」と、今回の統一地方選挙でもしっかりと支援していくことをお伝えしました。
恒例のガンバローコール
ご多用のなか、多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございました!

(スタッフT)

新着記事

記事カテゴリー

さかい学プロフィール

坂井 学(さかい まなぶ)

衆議院議員(5期) 神奈川第5区
(横浜市戸塚区・泉区・瀬谷区)
前内閣官房副長官
自民党横浜市支部連合会会長

言いだしっぺです

こんにちは。「言いだしっぺ」のさかい学です。 初めて選挙に挑戦して以来、ずっと続けているのが朝の駅頭活動です。 ここで私は日々の政治課題に対する私の考え、思いをお伝えしています。と同時に、皆さんからのお話をうかがう場でもあります。意見集約型の政治を目指す私の、大切なフィールドです。

SNS

よく見られている記事

漁船の進水式に参加しました

水産改革を担当していた時に、現場の浜の声・意見を教えてもらうべく頼らせてもらった漁師さんのところで、この度船を新調したということで進水式にお招きいただき参加して参りました。