プロフィール

2017さかい学近影

略歴

生年月日 昭和40年9月4日
趣味 野球、野菜づくり
家族構成 妻、娘三人
出身地 東京都府中市
メッセージ 私がライフワークとする環境と自然農は、学びと発見の宝庫です。しあわせな人間社会を創るために政治が目指すべきもの、競争とバランス、分かち合いともに生きる法則など、さまざまなことを教えてくれます。
役職 <政務>

  • ガーナ大統領就任式における総理大臣特使
  • 財務副大臣(平成27年10月~28年8月)
  • 国土交通大臣政務官 兼 復興大臣政務官(平成25年2月~平成26年9月)

 

<所属委員会>

  • 常任委員会 財務・金融委員会
  • 常任委員会 文部科学委員会
  • 特別委員会 地方創生に関する特別委員会
  • 国土交通委員会理事(平成26年9月~平成27年9月)
  • 東日本大震災復興特別委員会理事(平成26年9月~平成27年9月)
  • 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会委員(平成27年1月~平成27年9月)
  • 科学技術・イノベーション推進特別委員会理事(平成26年9月~平成27年1月)
  • 地方創生に関する特別委員会委員(平成26年10月~平成27年1月)
  • 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会委員(平成27年1月~10月)

 

<党務>

  • 国会対策委員会副委員長
  • 国土交通部会長(平成26年9月~平成27年9月)
  • 選挙対策事務局次長(平成26年9月~平成27年9月)
  • 神奈川県連国政調査会事務局長(平成22年~)

 

<所属議員連盟>

  • 第7回アフリカ開発会議横浜誘致議員連盟 事務局長
  • 創生「日本」
  • 核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)・日本
  • 港湾議員連盟
  • 自由民主党 都市公園緑地整備促進議員連盟
  • 日本・ガーナ友好議員連盟 会長
  • 自由民主党 再生可能エネルギー普及拡大議員連盟
  • 海事振興連盟
  • 日本・パナマ友好議員連盟
  • 自由民主党 水道事業促進議員連盟
  • 養子縁組のあっせんの法整備を目指す議員連盟(仮称)
  • 日本・メコン地域諸国友好議員連盟
  • 小笠原を応援する会
  • 宅地建物等対策議員連盟
  • 日本版マイスター制度に関する特命委員会副委員長
  • 世界に誇る国民本位の新たな国立公文書館の建設を実現する議員連盟
  • 建設現場における墜落災害撲滅・安全足場設置推進議員連盟※(新名称)日本建設職人社会振興議員連盟
  • 不動産鑑定士制度推進議員連盟
  • 児童の養護と未来を考える議員連盟
  • 日本・太平洋島嶼国友好議員連盟
  • 空手道推進議員連盟 幹事
  • 全日本不動産政策推進議員連盟
  • 休眠預金活用推進議員連盟 幹事
  • ダンス文化推進議員連盟
  • 自由民主党 中央自動車道渋滞対策促進議員連盟
  • 国民歯科問題議員連盟
  • 浄光会(浄土宗)
  • 脳卒中対策を考える議員の会
  • 自由民主党 統合医療推進議員連盟
  • 有床診療所の活性化を目指す議員連盟
  • CIQ体制の抜本的強化を図る議員の会 幹事
  • 国民医療を守る議員の会
  • 獣医師問題議員連盟
  • 郵便局の新たな利活用を推進する議員連盟
  • 自由民主党 都市農業研究会
  • FCV(燃料電池自動車)を中心とした水素社会実現を促進する研究会
  • 自由民主党 ビジネスジェットの利用促進議員連盟
  • 栄養士議員連盟
  • 国際観光産業振興議員連盟 事務局次長
  • 超党派「山の日」制定議員連盟
  • 日本・ルワンダ共和国友好議員連盟 事務局長
  • 自由民主党小規模企業税制確立議員連盟
  • 未来政治研究会 (松下政経塾出身議員の会)
  • 自由民主党自動車整備議員連盟
  • 薬害再発防止の制度実現に取り組む国会議員連盟
  • トラック輸送振興議員連盟 幹事
  • 日本新生研究会
  • 自由民主党 LGP対策議員連盟
  • 情報化教育促進議員連盟 事務局次長

 

<その他>

  • 第7回アフリカ開発会議横浜誘致推進協議会 顧問(平成29年5月~)
  • 第73回国民体育大会冬季大会アイスホッケー競技会実行委員会 顧問(平成29年3月~)
  • 第50回アジア開発銀行年次総会横浜開催推進協議会 顧問(平成27年10月~)
  • 神奈川県鉄道輸送力増強促進会議 顧問(平成27年3月~)
  • 神奈川東部地区高速道路網整備促進協議会 顧問(平成25年2月~)
  • 新東名高速道路建設促進期成同盟会 顧問(平成25年2月~)
  • 首都圏中央連絡道路建設促進期成同盟会 顧問(平成25年2月~)

 

<地域>

  • 復興支援グループ「ゆいっこ横浜言いだしっぺ支部」代表
  • 横浜市立豊田中学校PTA会長(平成23、24年度)
  • 戸塚区P連の市P連理事(平成24年度)
資格
  • 二級管工事施工管理技士
  • 浄化槽設備士
  • 浄化槽技術管理者
さかい学の実績
  • 外国人観光客1000万人誘致を達成(観光庁担当)
  • 外国人旅行者向け消費税免税制度の改正(消耗品を含めたすべての品目が免税対象に。平成26年10月より実施~)
  • 新型インフルエンザにおける各機関との連携訓練
  • t-PA救急医療体制整備
  • 年金行政改革
  • 歯科診療神奈川ルール是正
  • 首都圏地震対策
  • 公団住宅家賃引き上げ延期
  • 個人タクシー行灯
  • 東戸塚駅改札増設
  • APEC横浜誘致
  • 都市農業のために相続税改正阻止
  • 麻生首相への緊急経済対策提言

学生時代

  • さかい学 学生時代
  • さかい学 学生時代

武蔵府中リトルリーグ(6年生のときはキャプテン)、シニアリーグ、高校でも野球部に在籍。

高校は、甲子園に行った次の年の入学だったため、甲子園は経験できなかった。

大学ではL号軟式野球部(当時の名称)に入り3年生のときにはプレイニングマネージャー(監督)となった。一年間を通じ、一年生時3勝17敗、二年生時1 勝18敗1分のチームが監督時には11勝8敗1分で春期六大学リーグでは当時東大L号史上初の準優勝を経験した。他にAIESEC(アイセック・国際経済商学学生協会)やボランタス(知的障害を持った子ども達に社会教育を提供するお手伝いをする会)に所属し、国際交流やボランティアの資金集めの廃品回収などを行なった。

松下政経塾時代

  • さかい学 松下政経塾時代
  • さかい学 松下政経塾時代

初年度の前半は、労働体験実習でアシックスのシューズ工場でラインに入る作業を体験。後半は同期2人と3人で「小選挙区制に効きめなし」の論文を仕上げ、月間総合雑誌「PHP」に掲載された。

二年目は熊本県庁(8ヶ月)と人吉市役所(4ヶ月)にて行政研修を行なった。

県庁では地域振興課、市役所では市制50周年事業推進室に在籍した。

当時細川知事の日本一づくり運動が提唱されており、地域づくりグループ達の一年ががりのイベントをサポートし、熊本県地域づくり推進協議会の立ち上げに参画した。

三年目はアジアの地域と今後の展望ということで、まだ開発されていない地域を大資本なしで幸せなコミュニティーにするためにはということでNPO「地球市民の会」の協力を頂いてタイの田舎にホームスティを体験した。この頃「スモール・イズ・ビューティフル」「自然農」「エントロピーの法則」の考え方に出会う。

四年目にはアメリカ、カリフォルニア州にあるSRIインターナショナルという研究所で先進国における地域振興のノウハウを研修した。

SRIはスタンフォード大学から分かれた研究所として基礎技術の研究が盛んで、地域振興の手法もテクノロジーパークを中心とした企業クラスターを構成していくといったものが主であった。

五年目は日本に帰国と同時に平成5年の衆議院選挙だったため、熊本の知人に誘われ細川護熙(もりひろ)選対の一員として選挙を体験する。その後退塾。

矢上雅義(やがみまさよし)事務所では、公設第1秘書として、一年間議員会館にて勤務した。

地水社時代

  • さかい学 地水社時代
  • さかい学 地水社時代

松下政経塾での研修を通じ、21世紀は水と土の時代との確信を持ち、自らの身をもって体験するため熊本県阿蘇郡蘇陽町にある地水社、佐藤社長の元で働いた。

地水社というのは土壌浄化法という方法を用いた汚水処理がメインの会社。

その他、浄化槽設置や床暖房、それに関わる配管、ボイラー、シンク、便器などの器具設置、大工仕事など、この間現場で作業員として働いた。

菅(かん)工事や浄化槽の国家試験もこのとき取得。水と土の両方を勉強できる場で、朝5時半に起きて自然農にも挑戦した。3年いる間に社長の家族とともに、手植え、手刈りで3回の米づくりも体験した。

蘇陽町大野にある幣立(へいだて)神宮の境内の借家に住み、地元ではソフトボールチーム「セブンスター」や消防団第二分団などに所属し、部落の草刈りや労働奉仕にも参加した。

鳩山邦夫事務所時代

  • さかい学 鳩山邦夫事務所時代
  • さかい学 鳩山邦夫事務所時代

「自然との共生」を政治活動の原点にする衆議院議員鳩山邦夫の理念に共鳴し、秘書になる。

文京・台東・中央区を選挙区とするなか、中央区の地区担当として後援会活動に携わる。同時に、政務担当秘書として、国会周辺並びに政策を担当。

旧地元では地区担当の延長で、中央区の方との窓口として旧地元の会合や党の支部などの会議に出席した。

鳩山邦夫議院運営委員長時にも議運担当として連絡や情報収集に従事した。

鈴木宗男議員(当時)の逮捕許諾請求、辞職勧告決議案、田中真紀子議員の辞職などの案件を間近で体験。

鳩山邦夫有事立法委員長時にも担当し、委員長を補佐。与党理事懇談会には毎回出席し、そこで理事の先生方に状況説明をするなどした。

鳩山邦夫代議士を囲む中央官僚の会も担当し、各省庁の課長クラスの方々10数名と鳩山邦夫代議士の日程アレンジから様々な情報のやりとりを行った。

また、鳩山代議士が会長を務める超党派の議員連盟「自然との共生を考える国会議員の会」事務局を切り盛りし、鳩山代議士の著書『環境党宣言』出版の際には、裏方として中心的な役割を果たした。

衆議院議員選挙に立候補するため、平成15年8月31日、同事務所を退職。

コメントは停止中です。