疾風怒濤⑥ ALPS処理水の海洋放出を決定

この一年間さまざまな政策の“実現”に内閣官房副長官として携わって来ることができました。


実現した政策をご紹介し、これからやるべき政策についての更なるご意見をいただくための連載6回目です。

■ ALPS処理水の海洋放出を決定

東日本大震災による福島第一原発事故の結果生じる汚染水を、ALPSという装置で処理した水を今まで貯蔵してきましたが、限界を迎えようとしています。

巨大なタンクは1000基を超えました。

この処理水はトリチウムなどが含まれていますが、IAEA(国際原子力機関)の定めた基準を大幅に下回っている濃度であるため、海洋放出しても問題ないというお墨付きをもらっている品質です。

しかし中国、韓国をはじめ、反対する国があることはわかっていた上に、福島への風評被害を再燃させる可能性もあるので、国としてはタイミングを計ってきました。

これも菅総理の決断で、福島の復興のために海洋放出を決定しました。

このタンクのある場所に原発廃炉のための施設を造らなければならないのです。

この問題を先送りしようとすればできないものではありませんでしたし、政府として批判を招くのもわかっていました。


限界を迎えようとしているのがわかっているのなら、誰かが決断をしなければなりません。

やるべきだと判断すれば、果断に実行していく菅総理らしさが出た政治判断です。

※福島の復興の足かせになってきた原発処理水問題。

この問題に道筋をつけることで、未来を向いた福島の復興構想を推し進めることが可能になります。

除染土の問題や未利用地の活用方法、イノベーションコースト構想の加速化も待ったなしの課題です。


政府へのご意見ご要望をお気軽にお寄せ下さい。→ https://bit.ly/38WinQi(匿名で送れます。)

新着記事

記事カテゴリー

さかい学プロフィール

坂井 学(さかい まなぶ)

衆議院議員(5期) 神奈川第5区
(横浜市戸塚区・泉区・瀬谷区)
前内閣官房副長官
自民党横浜市支部連合会会長

言いだしっぺです

こんにちは。「言いだしっぺ」のさかい学です。 初めて選挙に挑戦して以来、ずっと続けているのが朝の駅頭活動です。 ここで私は日々の政治課題に対する私の考え、思いをお伝えしています。と同時に、皆さんからのお話をうかがう場でもあります。意見集約型の政治を目指す私の、大切なフィールドです。

SNS

よく見られている記事