11月)「女性のサロン」をオープンします

2016年10月07日

オープン日時:
平成28年11月4日(金)10時~12時(毎月第1金曜日にオープン)

サロン会場:
さかい学事務所 (戸塚町142 鈴木ビル3階)

さかい学事務所では、政治や社会での出来事を女性同士で気軽に意見交換をする「サロン」をオープンしています。お気軽にご参加ください。

サロンですので、お好きな時間にお越しいただいて結構です(ご予約不要)。
勉強会ではありませんので、ご自由にお話しいただけます。
※さかい学本人は公務のため不在ですので、予めご了承ください。
お子様連れの方も大歓迎ですので、お気軽にお越しください。

 10月のサロンの様子↓

女性のサロン

【参加者のご意見抄録】
・東京オリンピック・パラリンピックはお金を使い過ぎのような気がします。誘致する段階で、例えば会場の防風堤工事の必要性などがわかっていたのに、なぜ計上していなかったのでしょうか。

・選手には不便をかけるけれども、他県での開催も積極的に検討した方がよいと思います。個人的には、東北で開催してほしいですが・・・。

・朝鮮学校への補助金の支出に疑問を持っています。反日教育や独裁政権を称賛する教育を行い、拉致問題の解決に対しても後ろ向きで、日本側にミサイルの砲口を向けているという現実を鑑みると、一体誰が支援に賛成しているのか、不思議でしょうがないです。

・「子どもに罪はない」という理由だけで朝鮮学校に補助することが日本にとってよいことか、私も考えさせられます。日本の補助を受け、本国へ帰らずに日本で生活していく方が多いのに、交われないのが現状です。

・最近、我が家の家電が故障しましたが、「ネットで故障原因を調べてほしい」「修理までに3カ月待ち」等と言われ、とても不便をしました。修理に来てもらったところ、修理代は不要と言われ、修理代も商品代に含まれていると感じました。安い家電が目立ちますが、少し高くてもしっかりフォローをしてくれる商品が欲しいです。

・先日テレビでインタビューを受けていた若いお嬢さんが、「外国語でナンパされるとかっこいい(同じことを日本語で言われてもそう感じない)」と答えていて驚きました。海外旅行をすると、日本の若い方が無防備だなと感じることがたびたびありますが、もう少し周りの人が教えてあげなくてはいけないと思います。

【サロン席亭後記】
今回は初めて参加された方がお二人。「みなさんの話についていけるかしら」「人見知りなので、大丈夫かしら」といった不安をお持ちのようでしたが、お帰りの時には「サロンはあったかい雰囲気で、また、みなさんも気さくで楽しかった」とおっしゃっていただけました。
うれしいです。
ただでさえ、「政治事務所」という敷居の高いところに足を踏み入れるのは勇気がいると思いますから(私自身が、まさにそうでした)。

サロンの参加者さんたちのいいところは、「人の話を聞く」ところです。政治の話は、ともすると、白か黒かと決めてしまいがちです。「安保法案賛成/反対」「増税賛成/反対」など、口角泡を飛ばして議論してしまうため、逆に政治の話は避けるものとなっている気がします。しかし、サロンにお越しの方々はそれぞれに意見を持っていますが、自分と異なる意見も聞く耳(心)を持っていると感じます。

今日は、「卒婚」の話が出ました。実際に夫婦で距離を取りながら定年後の生活を楽しんでいる方の話を聞きながら、「うらやましい」とため息をついたり、「私もいずれは」と期待に胸を膨らませる方もいれば、「私はそうしたくはない」という方もいましたが、お互いの考えを認め合うような会話になっていました。
自分の意見を通そうとしたり、相手を論破するのではなく、意見の違いを受け入れあえる空間でありたいなと、今回も改めて感じました。

サロンで話をしてみたい方、話を聞いてみたい方、高い敷居かもしれませんが、ちょっと足をあげてまたぎ越して来てみてください。お待ちしています。【tuma】