8月)「女性のサロン」をオープンします

2015年07月12日

オープン日時:
平成27年8月7日(金)10時~12時

(毎月第1金曜日にオープン)

サロン会場:
さかい学事務所 (戸塚町142 鈴木ビル3階)

さかい学事務所では、政治や社会での出来事を女性同士で気軽に意見交換をする「サロン」をオープンしています。お気軽にご参加ください。

サロンですので、お好きな時間にお越しいただいて結構です(ご予約不要)。
勉強会ではありませんので、ご自由にお話しいただけます。
※さかい学本人は公務のため不在ですので、予めご了承ください。
お子様連れの方も大歓迎ですので、お気軽にお越しください。

7月のサロンの様子↓

女性のサロン

↑今日も駅頭活動の後、 国会に行く前にサロンに立ち寄りました。法案審議の進捗状況をご報告し、10月から始まる「マイナンバー制度」についての疑問点や「文化芸術懇話会」について、みなさんからのご質問やご意見にお答えしました。

女性のサロン

↑テレビを通してみる国会中継や委員会の審議の舞台裏、法案が決まるまでのプロセスなどを聞きながら、様々な質問が出ました。

女性のサロン

↑すっかり「サロン」のレギュラーになった伏見ゆきえ市議
最近の活動報告として、自民党横浜支部連合で行われた「企業・団体のヒヤリング」に出席し、「自分と比較的かかわりの薄い分野の業界の情報がたくさん入り、勉強になりました。
課題は決して一つの団体だけのものではなく、クロスオーバーしており、それをうまく調整するむずかしさを実感しました。
特にオリンピックを前に、施設や港のインフラ整備をするための人手が不足していることや、あまり知られていないことですが、港のテトラポットが不足しているといった課題がたくさんあります」といった報告をしてくださいました。

【参加者のご意見 抄録】
地域のお付き合いについて
・地域活動をしているので、一人暮らしの方や、地域との交流を避ける方々への対応に苦慮しています。
・自分自身が結婚して今の土地に住んでいるので、正直言って「地域活動」に対してあまり積極的ではないのですが、災害のことを考えると避けて通れないとは感じています。
・3.11(東北大震災)の時、子どもの通う小学校では日ごろの訓練通りにいかず、とても混乱しました。また、両親共働きのお子さんを預かった知り合いも、とても不安な時間を過ごしたそうです。学校側も避難誘導に関しては再度検討し直してくれました。こうした問題で、学校を非難するのではなく、自分だったらどうしたらよいか、地域とどうやって連携していったらよいかを学校や地域で考えていきたいです。
・3.11の際、信号が止まってしまい、子どもたちの帰宅がとても危険でした。

安全保障法制について
・国会の審議や、世論を見ていて、議論がかみ合っていないと感じます。「違憲」か「合憲」かではなく「必要」か「不要」かで討論してみてほしいです。

マイナンバーについて
・マイナンバーが「税」「社会保障」「災害対策」という目的のために導入されたことがよくわかりました。本当に困っている人と、まだがんばれる人の見分けが少しでもつきやすくなるということなので、個人情報などの管理をしっかりして運用していってほしいです。

【サロン席亭後記】
今日も鋭い質問がたくさん飛び出し、考えさせられるご意見が飛び交いました。
また、HPや紙面、駅頭活動では伝えきれないことをさかい学がみなさんに直接お話しできたことがとても有意義でした。
ご納得いただけたかどうかはわかりませんが、さかいや自民党の考えを知っていただくことができました。
みなさんからの情報もたくさんいただくことができ、これからの活動にとても大きなエネルギーをいただくことができました。ありがとうございます。
みなさま、どうぞお気軽にお越しください。
(担当:tuma)

サロンへのご意見・ご要望はこちらまで→info@sakaimanabu.com