3月)女性のサロンを開催します

2015年02月06日

オープン日時:
平成27年3月6日(金)10時~12時
(毎月第一金曜日に開催)

サロン会場:
さかい学事務所 (戸塚町142 鈴木ビル3階)

さかい学事務所では、政治や社会での出来事を女性同士で気軽に意見交換をする「サロン」をオープンしています。お気軽にご参加ください。

サロンですので、お好きな時間にお越しいただいて結構です(ご予約不要)。
勉強会ではありませんので、ご自由にお話しいただけます。
※さかい学本人は公務のため不在ですので、予めご了承ください。
お子様連れの方も大歓迎ですので、お気軽にお越しください。

2月のサロンの様子↓

女性のサロン
今回も安全保障、教育、女性の社会進出と子育て支援などについて、さまざまな意見が出ました。

参加者のご意見
・経済格差が教育の格差になっていることを感じます。外国人に返還不要の奨学金を出しているのに、外国に留学する日本人には国からのそういった援助が皆無だと思います。確かに、外国人が将来、日本のよきパートナーになってくれるという期待はありますが、留学した日本人が将来日本に持ち帰ってきてくれるベネフィットこそが国益なのではないでしょうか。
・今回のテロによる人質事件の報道に対して、もっと規制をして欲しかったです。一国民としてどんなことが起こり、政府がどう対応したか知りたいですが、私たちが知ることによってテロリストを利するなら、知らされなくても仕方ないと思いました。報道者も視聴率ではなく、「国益のために」という視点をもって報道しないという選択をしてもよいのではないでしょうか。
・報道各社が『イスラム国』という呼称を使うのが気になりました。国として認めてしまっているととらえられます。実際、うちの子どもに「イスラム国って、どこにあるの?」と尋ねられました。政府ももっと指導すべきでは?

今日は伏見ゆきえさんも参加(今日の写真を撮り忘れました!ごめんなさい)。↓

伏見ゆきえさん

ヤクルトレディ時代に「いつも同じ時間に同じ交差点で立っていました。そうすると、そこを通る人たちが、『あっ、彼女がいるから、今は2時だな』と目印にしてくれるようになり、買っていただけるようになりました」といった販売の工夫話や、熱があって保育園で子どもを預かってもらえなかったときに、「子どもをヤクルトのカートに乗せて、一緒に販売に行っていた」といった経験談などが飛び出し、市会議員候補としてというより一人の女性としての話に、参加者から笑いや共感の声が上がっていました。

(担当:tuma)