2月)「女性のサロン」をオープンします

2016年02月01日

オープン日時:
平成28年2月5日(金)10時~12時(毎月第1金曜日にオープン)

サロン会場:
さかい学事務所 (戸塚町142 鈴木ビル3階)

さかい学事務所では、政治や社会での出来事を女性同士で気軽に意見交換をする「サロン」をオープンしています。お気軽にご参加ください。

サロンですので、お好きな時間にお越しいただいて結構です(ご予約不要)。
勉強会ではありませんので、ご自由にお話しいただけます。
※さかい学本人は公務のため不在ですので、予めご了承ください。
お子様連れの方も大歓迎ですので、お気軽にお越しください。

1月のサロン
【参加者のご意見 抄録】

・「公共工事=癒着、悪」みたいな感覚が広がっていて公共工事が減っているけれど、日本は地震国ですし、1964年のオリンピック頃につくられた道路などの老朽化なども心配です。適切に工事は行われているんでしょうか。
・去年、地方の「かんぽの宿」に泊まりました。あそこも「箱もの」の一つとして批判されることがありましたが、地方の観光業を支え、また地元の方々の交流の場としてとても栄えていました。「箱もの」にも良いものがあります。要はどう活かすか、だと思います。
・日本は借金大国と言われますが、ギリシャのように外国から借金していると誤解されている方が多いことを感じます。
・「夫婦別姓」が最高裁で認められませんでしたが、このテーマに関して「アイデンティティを守りたい」と「家を守りたい」という視点からごっちゃに議論されているのが残念です。女きょうだいしかいない家で「(自分の育った)家を守りたい」と思っている女性がいることも知ってほしいです。私の友人は女きょうだいばかりで家がなくなることに危機感を持って、結婚できないでいます。

【サロン席亭後記】
今年もよろしくお願いいたします。
年明けなので、今回はこぢんまりと・・・と思いきや、今年もたくさんの方々と賑やかにスタートすることができました。
ありがとうございます。
新しい方も参加され、また新しい視点が一つ増えて楽しくなりました。
今回の話の中で特に盛り上がったのは、「主人公はだれか?」ということ。
慰安婦問題も夫婦別姓問題も、当事者よりも周囲の人が運動を盛り上げ、当事者の望まない方向まで「走っちゃってるという気がしてならない」というご意見がたくさん出ました。
確かに。

サロンは今年もドアを思いっきり開けております。
自民党さかい学の事務所ではありますが、「私は自民党の○○法案に反対です」という方もご遠慮なくお越しください。なぜ反対か、そこをお聞きするためにもサロンはあります。
その代り、もちろんその法案に賛成している人もいますので、そのご意見もお聞きください。サロンは、参加者の意見を聴く場でもありますので。
みなさんのお越しをお待ちしています。
(tuma)

女性のサロンへ贈られたお菓子

↑いつも女性のサロンの様子をHPで見ていてくださっていた方から、「みなさんでお召し上がりください」と贈っていただいたお菓子。みんなでおいしくいただきました。ありがとうございます!

お問い合わせ・ご意見はこちらまで→info@sakaimanabu.com