5/14、5/15被災地の皆さんと募金活動をします。

2011年05月12日

今朝は、東戸塚駅にて、雨の合間を縫う形での街頭活動となりました。ここのところ、すっきりしない天気となり、引っ越し作業もやりにくいし、面倒です。しかし、明後日予定している募金活動には、晴れるようなのでそうなってくれるといいなと思います。

この募金も今回は大槌町のための募金にしたいと思っています。日赤には、1000億円以上の募金が集まったとの報道がありますが、大槌町の避難所ではそれをまったく実感できません。今度来られる方々は、大槌町の安渡小学校という避難所で生活している人たち中心です。ここにはまだ300人近い人たちが、避難生活しているにも関わらず、お風呂がなくシャワーも浴びられません。もう二ヶ月です。日赤にあるお金はどこに行っているんだ。もう待てない、ということで、私たちも応援をして、彼ら自ら募金活動を行い、その資金で生活改善を進めていく努力をします。

どういう結果になるかはわかりませんが、ただ座って待つのではないというところが、新しい流れを予感します。こういう動きがあちらこちらに出てくることによって、日本全体で復興を進められたらいいなあと私は思います。