食器が被災地のみなさんの手に届きました。

2011年07月19日

今朝は、戸塚駅西口連絡通路でした。

おととい、昨日と、岩手県の大槌町で、皆さんにご協力いただいた食器の頒布をしました。復興食堂というイベントに合わせて、ゆいっこコーナーを作り、きていただいた方に持って帰ってもらったものです。
私は、行けませんでしたが、ボランティア隊の皆さんが行って、直接手渡ししてくれました。その模様は、ゆいっこのブログの大槌町のコーナーにも載っていますが、ボランティアさんも写真を撮ってきてくれました。ボランティアさんは、直接、被災者に手渡し出来たことで、彼らの状況もわかるし、感謝もされたし、横浜で協力してくれた仲間にもちゃんと報告できるしと、渋滞の中長い時間がかかったけれど、行って良かったと言っていただけました。

被災地は、一週間離れると全く様相を異にします。支援活動も日々変わるその中で大変難しいですが、いろんな方が直接大槌町の方々とつながりを作ってくれています。その皆さんが協力してくれることでもあるし、華々しくなくとも着実な活動を少しずつでも重ねて行きたいと思います。