選択基準は「実行力」?

2012年10月26日

今朝は瀬谷駅で演説をしました。

昨日、石原慎太郎さんが都知事辞任会見を行いました。突然でビックリでしたが、このビックリも印象を強くさせるには必要な要素です。
新党で国政復帰だと言ってました。
私は夜の報道番組で見ただけでしたが、しかし石原さんが主張していたことは表現の仕方や力点を置く場所は違うにせよ、基本的には私が前回の衆議院選挙で訴えたこととあまり変わらず、違和感なく聞こえました。
憲法改正なのか、破棄なのかは違いますが、今の日本国憲法を新しいものにしていこうという点では一緒ですし、中央集権に対する道州制は以前からの私の主張です。
また、公務員制度改革は安倍内閣で人材バンクを法律で決めて以来国会で取り上げられていない、言い換えれば前回の安倍内閣が真剣に取り組んだテーマです。
こう見てくると、政策の違いが目立つのではなく、やってくれるのではないかという国民の期待が、どこに集まるかが一番大きいと思われる状態です。
安倍総裁か石原党首か、自民党のメンバーか新党のメンバーか。
負けてはいられない、と思います。