追われる毎日

2013年02月19日

今日は戸塚駅で鈴木太郎市会議員と駅頭活動をしました。

国土交通大臣政務官と復興大臣政務官になって以来、昼間には電話もする暇が無い程、日程に追いまくられています。
フッと気づくと、日程が全部埋まっているので、こちらから頼んでわざわざ空けておいてもらわないと自分の時間がありません。
こんなに大変とは思いませんでした。
国土交通省だけでも確かにかなり範囲は広く、陳情団も多い役所ですが、私は復興庁も兼務なので打ち合わせも倍になってしまうわけです。
今のところ、平日は国交省8に復興庁2という感じでの時間の割り振りになっています。
しかし週末は、今週末も被災地に入りますが、出張も多くなります。
昨日も朝の10時から夜の6時半までびっちりでした。
大臣の代わりに表彰式に出席し、四国からの陳情団、横浜からの陳情団の話を聞き、休眠口座活用のための議連の下話をすすめ、ボーイング787のバッテリー事故の今後の対応を大臣とも打ち合わせました。
夜は急いで戻り、自民党の市連のパーティーに出席しました(が、大幅に遅刻してしまいました)。
もう、目まぐるしくいろんなことが目の前を通って行くので、本当に追われている感じです。
慣れれば少しは変わるのでしょうか?
せっかくいただいた立場です。形にしたいテーマも幾つかありますので、今の立場が変わる前に何とか時間を作り、それを突き詰めていきたいと思っています。