• ホーム
  • » ブログ » 議席はいただいても、「勝ってはいない」という現実

議席はいただいても、「勝ってはいない」という現実

2010年07月26日

今朝はバス旅行の見送りで東戸塚に。その後、泉区での打ち合わせ、会合などに出て、夕方、自民党県連主催の「選挙報告会」に出席しました。
その中身ですが、神奈川においては状況が厳しいこともあり、やはり浮かれた気分はまったくなく、いかに立ち直るかが、未だ大きな課題となりました。
比例区の票数や、横浜市における選挙区候補者の票が「みんなの党」より少ないという点など、私たち個人ががんばるだけでは難しいと思われる話です。しかし、私たち一人一人の総体が党ということでもありますので、私もしっかり心して活動をしていきたいと思います。

その後、先輩議員を私たち同じ境遇のメンバーが囲む、集まりがありました。
永田町の現場の雰囲気を聞くと、菅代表が9月の代表選には選ばれない可能性があり、そうなるとかなり混乱をするということ、今の民主党と連立を組み、新たに与党となってもメリットを感じないので無理だ、ということで恐らくねじれが続くだろうということなど、でした。
「来年秋までには解散せざるをえなくなるのではないか」というような見方も示していました。