議会人としてのモラル

2011年01月16日

内閣改造がありました。その支持率、つまり期待度ということだと思いますが、新聞などにも出始めました。

約30%前後という感じです。素直に見て、本当に支持率が上がらなかったなと思います。やはり国民は、今までの状況で菅政権を見切っているのです。
こんな小手先なことで、日本の安定が実現できるわけはありません。何度も書くように、与党が内紛を起こして、党内における意思統一ができないという状態、政策の議論さえできない状態は避けてもらいたい。その責任を野党に転嫁するのはとんでもないと思います。

それに、議長経験者を大臣に起用するのは人材不足を露呈しています。曲がりなりにも三権の中の立法府の長をやった人間が、今度は行政府の側で仕事をするというのは、釈然としない。本来は議長を受ける時に、この点は覚悟して受けるべきなのではないでしょうか。

政権交代後、こういうことが増えすぎたと思います。議会人として踏まえてきた常識というか、最低限のモラルというか、そう言うものがガラガラと音をたてて崩れています。何でもありの現状ですが、そういうものではないだろうとやはり思ってしまうのです。少なくとも、日本の良さ、強さは今の状態からは出て来ないと思っています。

ここから変えなくてはなりません。