結っこと連携して。

2011年03月17日

今朝は、東戸塚駅にて募金のお願いをさせていただきました。
最近は、あちらこちらで募金のお願いをしていて「もうどこそこで協力してきたわよ」という方も増えてきました。それはそれで、募金の文化が普通になっていくというのは、いいことだと思います。まずは、みんなの意識がここに来ることが大事です。

そして、それをお願いする立場から考えれば、納得して何回でも協力したいと思ってもらえるような取り組みもしていきたいと思うものです。今は、災害後すぐで悲惨な状況があちらこちらテレビに出てきて、純粋に大変だからということで募金も受け入れてくれています。しかし、現地の復興というものは一朝一夕にできるものではありません。これから長い時間をかけて築いていくものです。当然マスコミからも忘れ去られていきます。だけど、そこで住民たちは生き抜いていかねばなりません。私はそういう時でも応援できる、または、したくなるようなやり方はないかなあと思っています。それを今回は、これだけひどい災害だったので多くの人の意識が向かねばならない中で、実践できないかなあと思っています。これは、こちらよりも恐らく被災地の方々がより望んでいるのではないかとも思います。その試みを、今回ご縁のあった結っことの連携の中で考えていきたいです。