素晴らしい団体競技に感動しました。

2011年08月28日

昨日、娘のマーチングコンテストを応援に見に行って来ました。小田原アリーナで行われたもので、参加校はあまり多くはないものの、県大会です。
初めてのマーチングでしたが、みんなが息を合わせて一つの演技を完成させるという点では、団体競技中の団体競技と言えるのではないでしょうか?見ている方も、そして演技しているほうはもっと感動や達成感があったことと思います。
練習風景を知らない分余計によくぞここまでという思いがしました。
結果、一番いい点数をもらったそうで、東関東大会に行くことになったそうです。私は高校野球をやって来ましたが、奇しくも長女から「三年生の先輩たちの最後の大会にはしたくなかった」という言葉を聞き、部の雰囲気は悪くないんだなあということを感じることができました。

どこでもそうかもしれませんが、それにしても、親の皆さんの盛り上がりは大したものです。関心しました。この熱意があるからこそ、子供たちも頑張れるんだと思うし、充実した中学校生活を送れるんだなあと感じます。うちの子も、部活が楽しみで学校行っているし。
私は、野球の練習、しんどくて決して楽しみではなかったけどな。