祭、人生

2010年08月08日

昨日、今日は各地域の夏祭り、盆踊りのピークでした。あちらこちらで開催されていたようでした。私もできる限り顔出しをさせてもらいましたが、なかなか回り切れませんでした。
それでも、高校の先輩が声かけてくれたり、応援するぞ、と励ましてくれる方も出てきてくれたり、と大変頼もしく、ありがたく思うひとときでした。 今日は、みこしの渡御が、白姫神社のお祭りに際してあり、若勇会のみこしと飯島睦のみこしが出ていたので、一緒させてもらいました。
各地域から応援で担ぎ手が集まり、ドッコイ、ソーラー、ドッコイドッコイのかけ声と揺れる鈴の音が心の底から魂を揺さぶるのを感じます。
みこしはやはりいいものですね。この鈴も、削り出しで作るとのことで、1つのみこしに4つついてますが、1つが10万円。エッ?という金額です。
このみこし全体では普通の家が2~3軒建てられるくらいのお金がかかっているとのこと。半端ではありません。
毎日、毎日、覚えていられないほどの感動とドラマと、そして中にはストレスもあります。飽きないことはまちがいありませんが、それぞれが激しいので大変なこともあります。
しかし、それも含めて人生ですから、引き受けられればと思います。
そのいろいろをブログで書けばいいのだけれど、書く時には忘れていることもしばしばで…。