生き抜く力

2011年01月18日

今朝は戸塚駅東口で朝の街頭活動を行いました。朝はかなり冷え込みますが、逆にやはり冬は冬でしっかり寒くないといろいろ問題が出るでしょうから、この冷え込みも肯定する気持ちになれます。
 
大学生の就職内定率が最低の68.8%だという数字が載っていました。以前は、卒業して企業に就職すれば何とか生き抜くことができた。今は、ただでさえ生き抜く力の大変弱い子どもたちがたくさん出てきているのに、以前より生き抜く力をより要求される状況になってきているのではないでしょうか。

これは、国として大変深刻な問題です。教育のあり方、しかも長い期間に渡っての結果ですので、いろいろな観点から対策を、しかも抜本的な計画を立てていくことが必要になります。

今の菅政権の稚拙な雇用対策を批判するだけで解決するものではないです。