瀬谷の若い有志達と募金活動をしました。

2011年06月16日

今朝は、東戸塚駅東口。いつもは一緒の鈴木太郎さんは、海外視察のためお休みでした。

昨日のブログでも書いたように、今月末までということで、食器などのご提供の募集を行うことになりました。仮設住宅にみんなが入る前までというタイミングです。一民間ボランティアとして、できる限りの活動はしていきたいと考えています。

また、瀬谷駅で、募金活動もしました。今回三回目ですが、被災地への炊き出しも三回目となるゆいっこのメンバーとの募金活動です。横浜駅で、約一ヶ月前に行った時と比べて、メンバーからは、瀬谷の人間は心が熱い、さすが瀬谷だ、との声が上がるほど協力してくださる方がいました。みんな仕事帰りからだったので、人数が揃ってからは30分ほどしかできませんでしたが、それでも七万円を超える額を協力いただきました。ゆいっこの旗とこれらのメンバーの顔をできたら覚えていただいて、今後も長い協力を皆さんからいただけたらありがたいと思います。

最近改めて、いつ何があるかわからないという思いがあります。昨日のお葬式もそういうお葬式でした。日々を悔いなきよう生活していきたいと、努力します。