江差追分に感じる日本人

2010年11月08日

今朝は、緑園都市にて街頭活動でした。
今日は民謡の江差追分の大御所、逢坂先生にお会いする機会がありました。民謡が手拍子の中から次々と出てくるというのが、本当にいいなあ、と思います。
何と言っても、歌って声以外には何もいりません。手拍子だけで、気持ち良さげに歌っています。うらやましいなあとも思います。
正調、ソーラン節も聞くことができました。変なもので、やはり身体がうずうずするものです。このリズム、日本人として私の身体の中にも流れているんだなあ、と思いました。

夜の部は、大変おいしいうどんすきをいただきながらの打ち合わせ。
みんなよく見ているなあ、と思わずにはいられませんでした。政治の現状を多くの人が理解を始めています。これからはもっと多くの人が、いろいろな情報を元に、メディア一つに偏らずに、その中で自分で考えるようになってくれればいいなあ、と思います。
民主党が予想よりひどいのは多くの人の共通の認識ですが、自民党に中々支持が戻らないのが今。
安心して戻ってもらうための努力を続けていかねばなりません。
何ですか、今晩『TVタックル』に、安倍、麻生の二人の元総理が出演したとのこと、どうだったんでしょう。