最も重要なものは、何ですか?

2010年04月27日

今朝は戸塚駅西口。トツカーナのオープンに従い人の流れと場所が変わり、どの場所がいいのか、試行錯誤です。

最近の普天間の報道、大変歯がゆい。というか、いらだちます。
それは、何か。
それは、鳩山総理の発言が一番如実に表しています。総理によると「最も重要なのは、普天間における危険除去と沖縄の負担軽減だ。」ということです。
でも私は違うと思うんです。これらはもちろん大事です。しかしその前に日本国の安全保障を何より先に考えなければいけない、と私は思います。
移設をして日本が危なくなるのだったら、何の意味があるのか。
徳之島に移って日本の安全保障がより確固たるものとなればいいのですが、その議論が全くありません。
専門家によると200kmもヘリコプター部隊を離すと、即応能力などに問題がでる、つまり抑止力は低下すると見られるわけです。
これではたまりません。
辺野古のV字案は、より多くの基地を統合し基地機能をアップさせるとともに、空いた基地は日本、沖縄に返還する約束です。
沖縄の負担軽減にもつながります。
本当に歯がゆい気がします。