春は名のみの・・・

2010年03月28日

寒い日でした。花見の方々はコートを着込んで花見をしていて、かわいそうなくらいでした。花そのものもまだ全開には程遠いですよね。
今日はツイッターをはじめ、いろんな出来事が動いているソフトバンクのイベントに行ってきました。抽選で当たった方からのお誘いです。ホント、ありがたいです。
孫社長からのプレゼントということで、いくつか新しいことの発表がありました。基地局を増やすということで、各ユーザーの家庭や事業所にも基地局セットを無償配布するということです。
ユーザーの希望は、とにかく快適に、サクサク動くことなんだということがよくわかりました。
また、ツイッターの利点やUstreamといった話をしていましたが、未だにその内容がよくわかりません。使いこなせば強力な武器になるのでしょうが、使いこなすのが大変です。
先日、中田宏・前横浜市長と会食したときも、彼が話の合間にiPhoneをこちょこちょしているんです。会食中に失礼じゃないか?と思いましたが、「ツイッターにレスしてる」とのこと。古いタイプの私には、正直なところ少し違和感を覚えました。マナーを含め、ツイッターを巡る様々な対応を研究する必要がありそうです。
しかし、そんなことはまだまだ先の話。私はまだデビューしたてのiPhoneの使い方に戸惑っている状況です。
押していないはずなのに、知らない間に触って、電話をかけてしまったり、押したい所の隣を押してしまったり。イライラの連続です。
春は名のみの風の寒さや。iPhoneユーザーとはいえ、まだまだアナログな私も、今の春と似てます。いつになったらみんなのように便利に感じるようになれるのかなぁ。