政治倫理を語る資格はありますか?

2010年01月15日

今朝は三ツ境駅南口で駅頭演説をしました。
今晩、石川議員が逮捕されました。
今回の小沢資金を解明するために、検察は最後までやって欲しいと思いますし、国会でも取り上げて行かなくてはならないと思います。
新年会に参加すると、「国会で小沢の問題なんかやるな!まずは予算と政策だ!」とおっしゃる方がいます。
そう、まさにその通りなんです。
だからその言葉は、自民党批判で発せられるべきものではなく、小沢幹事長と元秘書たちに言うべき言葉なんです。彼らが本当のことを言って、誰が見ても金の流れが何の疑いもなく説明できれば、一発で終わる話です。
未だに任意の事情聴取にも応じない小沢幹事長が聴取に応じ、国民にも説明すれば、何も国会で取り上げる必要はありません。ですから、取り上げなきゃいけない状況を作り出しているのは、自民党ではなく民主党であり、小沢幹事長です。

しかし、それにしても民主党の自浄能力はないのですね。秘書が3人も逮捕されたにもかかわらず、何の声も上がらない。これでは何の改革を訴えても、自分のところをなんともできないのだから、今後は説得力を持たなくなりますね。
これで小沢一朗辞職勧告決議案が国会に出たら、民主党は次の参院選の指揮者を守るために反対するのでしょうか?
自民党だったら、これだけひどい状況になれば、間違いなく離党させ、決議案賛成もやむなしということになるに違いありません。
民主党に政治倫理を語る資格が、もう党全体にまったくないと言ってもいいのではないでしょうか。