支援の輪が広がっています

2012年01月17日

今朝は、戸塚駅地下通路をお借りしての演説を、鈴木太郎市会議員と行いました。

やはり、屋内なので、少し寒さが和らぐ感じです。が、今が一年の中でも最も寒い時期。なかなか冷えます。
先日の自民党横浜市連の賀詞交歓会で、「ぐるっとおおつち」というNPO法人のボランティアさんたちが、仮設住宅にすむ被災者の女性たちに作ってもらった人形を売りました。200個持ってきて、それは完売しました。
この販売金のうち、人形一つにつき300円が作った人に渡されるそうです。
少しでもできる形で協力できないかということで、自民党の賀詞交歓会にきてもらったわけですが、早速何人かから「うちにも来て販売してよ」といった申し出を受けていました。こういう輪の広がりはありがたいですね。今度の日曜日にも、販売することになりました。

その販売結果は「ぐるっとおおつち」のホームページに載せるって言ってたけど、載っているかな?

賀詞交歓会の入口に設けられたブース。
「こんなにたくさんの人がいらっしゃるところで販売できるなんて!すごく感謝です!!」と、「ぐるっとおおつち」のスタッフさん達も張り切っていました。

早々にお人形が完売し、お客様をお見送りするときにはパンフレットをお配りするのみでした。
パンフレットを配ってくださっているのは、実は、「ゆいっこ横浜支部」のメンバー。
今回はぐるっとおおつちのみなさんと岩手県大槌町を支えてくださっています。

お客様をお見送りする「ぐるっとおおつち」のみなさん。
お母さんと一緒に、子ども達もがんばっていました。

↓↓ この日販売した「おおちゃん人形」と「こづちちゃん人形」