復興予算の仕分けを見せてください

2012年10月17日

今日は下飯田駅で駅頭活動を行いました。

復興予算の使い方が批判を浴びています。
捕鯨のために使われたり、税務署を作るために使われては納得できないのも当然です。今こそ、予算の使い方をチェックする国会が機能する時です。
が、先日セットされた決算行政監視委員会の小委員会は、民主党の議員が出席せず、何と流会してしまいました。過半数に委員の数が足りず開かれなかったということです。国会の役割の放棄です。
ひどい話だと思っていたら、今朝の新聞に、この復興予算の使い方を仕分け対象に、民主党内で仕分け作業をする、と書いてありました。そして、何とこれが、非公開なのです。
何だ、これは?です。
今まで仕分けは公開でやって来たのに、なんで今回は非公開なのか。何があるのか、とみんな思うでしょう。
あれだけパフォーマンス、ショーとして行って来たのに、不思議に思わない人はいないのではないでしょうか?
実態はどうなのか、なぜそんなことになったのか、政治主導はいまどれだけ官僚独裁に変わっているのか、はっきり国民の前でこの作業を行うべきでしょう。
今回の報道を見て改めて、仕分け作業のパフォーマンスも本当にパフォーマンスに過ぎなかったんだなというのを確認しました。