復興の道すじを考える。

2011年03月29日

大槌町という被災地に行ってから、事後処理、報告、また資料作り、などバタバタしています。

 一方で、これが選挙前とは到底思えない静けさです。新聞にもあるように、どの陣営も運動のやり方には気を使い、困惑しているようです。横浜に住む人たちの中にも今回の被災地に家族や親戚をもつ人は大勢います。そういう方々の心中を察すれば、華々しく選挙戦も展開できませんよね。

いろいろな話を総合すると、ガソリン、灯油が被災地に行きわたるようになると、次のステージに移る気がします。被災者に対しては、今後の復興の道すじを示しながら、毎日の生活の張りも考慮に入れる必要があるのではないでしょうか。これが、今後の夢というと大げさかもしれませんが、ヴィジョンの提示になるのだと思います。
また、これから被災者の方々の間でも路線の違いが鮮明に出てくるはずです。ここ、最初の大きな正念場になろうかと思います。