小沢さん、どんどん話が変わってますよ

2010年01月23日

っていただけに、残念でした。

今週は、戸塚区、泉区、瀬谷区と、それぞれの「武道始め」がありました。
今まで武道始めで剣道や柔道の試合を見たことがありませんでしたが、今年は2か所で見ることができました。
まず、全国大会出場クラスの人と各署の上級者との対戦。
全国クラスの人は強い。本当に強い。そして、強い人は、また美しい。それを感じました。
武道は、技術はもちろんのこと、教育面、そして人間修養面からも、もっと見直されてもいいですよね。今回、こうした場面を見て、改めてそう思いました。

また、今日は小沢一郎氏の事情聴取も行われたそうです。これをきっかけに事実が明らかになり、一件落着すればいいと思います。
しかし、彼の言葉は信用できません。
初めに、「土地の購入費用は献金だ」と説明したのに、次いで「銀行からの融資」に変わり、「親父の遺産」となり、今回は「家族名義の口座から引き下ろしたものを集めた」となりました。
挙句の果てに「何も説明は変わっていない」と言う。
小沢さん、これだけの変遷を見て、どこが「変わってない」なんですか?
彼は信頼できない人間である、ということを国民に伝えているだけなのを分からないのかなぁ?
それに、今まで「単純ミス」と強弁していたのが、「関わっていない」に変わっています。
この変わり身に関しても、何も説明がなされていません。
彼は、「石川(当時秘書)が勝手にやった」で逃げられるけれど、石川議員は自分が実際にやっているのだから逃げられないですよね。
そういう意味では、私も秘書をしてきたはしくれとして、石川議員の立場には同情するものがあります。