奇策で延命。恥ずかしくないですか?

2011年06月03日

今年の流行語大賞は“一定のめど”?!・・・と思わせる昨日の騒動。だまし討ちの後味の悪いものとなり、また、政治への期待がなくなってしまいました。
自民党では、ありえない文化です。
小泉、安倍、福田、麻生各総理の時にこんなことありましたか?国民に批判されたことは他にはあったにしても、国民をだまし討ちにはしませんでした。
昨日の民主党の代議士会での総理の話、鳩山由紀夫前総理の「一定のめど」の解説、それに全く反論しない総理の姿は、当然通常の社会では「辞任を受け入れている」ととるもの。
テレビの解説と合わせ、国民は早々にも総理は辞めると受け取ったはず。
まさか、「私は死にます。だって、人間はいつか死ぬでしょう。私は総理を辞めます。だって、いつかは辞めるから」という話だとは誰も思わなかったはずです。
ふたを開けて見れば、通年国会にして12月まで国会を延ばし、一つの国会では一回しか出せないこの内閣不信任案を封じるという奇策で、少なくとも今年一杯は総理でいようという作戦だったわけです。
しかも民主党はこれが最初ではありません。
暫定税率が途切れた時も、衆議院議長の裁定を言った、言わない、内容が曖昧ということで無視して来たのです。
これが彼らの文化とは言え、総理がやるとは。
民間の会社であるならば、不信感を持たれて取引は中止され、仕事を続けていくことができるはずがありません。子どもだってニュースを見て「すごい嘘つきじゃん」と思うでしょう。海外からも信頼されるはずがありません。日本のトップとして恥ずかしい限りです。
そして、コケにされた鳩山由紀夫さんも能力がないのだから自ら議員を辞めて菅総理に抗議をすべきでしょう。でなければ、一緒に芝居を助けたことになるからです。
もともと、今回の不信任案は、自民党云々ではなくて民主党内部の問題でした。既に、民主党内部がバラバラで与野党で合意した政策が前に進まないことがたびたび出て来ていました。子ども手当を児童手当に戻す話など最たるものです。
私にとっても、腐った魚を食べて腹を強烈に下してしまっているような、気持ち悪い感じです。
「政治家なんて、信じられない」と国民は感じているはずです。
少なくとも私がこの世界に入ってからはこういうことは一度もない自民党も一緒くたに見られてしまうことが、今から大変残念です。