大阪ダブル選挙を終えて

2011年11月28日

今朝は弥生台駅頭にての街頭活動でした。

何といっても、昨日の大阪維新の会の圧勝は、国民の意識を改めて示したものだと思いました。それは、陳情政治から政策提案型の政治へという流れではないでしょうか。

橋下候補は、大阪都構想というヴィジョンを掲げました。一方の現職候補は独裁と批判をするだけという印象でした。
実は、大阪都構想なるものが、適切なのかそうでないのかは、充分な議論はなされていません。詳細も詰められていないのです。しかし、市民はそのヴィジョンに期待した。もしくはヴィジョンを出したという姿勢を選んだ。そこが大事なのではないでしょうか。

混迷の中、国民はヴィジョンを望んでいます。しかし、既成政党はその声に充分に応えていない。独裁と批判をするのであれば、ヴィジョンを出すというやるべきことをやってから批判しろということではなかったでしょうか。

これは、しかし国政でも一緒です。TPPの議論に際して、個々のテーマでの賛成反対にとどまり、本来あるべき日本の将来像についての議論はほとんどなかったわけです。日本の戦略を決めた上で、その戦略にとってプラスになるかならないかで、TPPへの参加は議論されるべきでした。ある意味で国民は、そういう議論も期待したのではないでしょうか。
政府も、総理がISD条項を知らないという信じられない準備不足を国会の質問への答えで露呈していました。
政党がその方向性を示すことは難しいことです。大統領的な知事と一緒にはできない状況はあります。しかしあまりにも、国民の期待に応えていない気がします。

昨日も、あんた一人でやったって政治なんて何も変わらないよ、とあるイベントで言われました。
そう一人では変わりませんが、その一人がいなければやはりまさしく何も変わらないのです。
まずは、その意識を持ち続け、覚悟を作っていくこと。有権者から信任をいただけなければいくら発言しても、単なる遠吠えにしかならないこの世の中ですから、そのための私なりのやるべきことをやっていきたいと思います。