外交上の抑止力とは

2012年08月24日

今朝は、三ツ境駅の橋上で街頭活動を行いました。
ボランティアさんが、ビラ配りを手伝ってくれました。
ここ何日か、韓国との稚拙とも言えるガタガタをメディアも報道していますが、この中で韓国高官の発言と言うことで、日本がこんなに過剰に反応するとは思わなかったと出ています。
日本にとっては当たり前の対応です。それを予想外というのです。
民主党政権が韓国に対して発していたメッセージが、どんなものだったか、容易に想像が付きます。
本来、外交において抑止力を発揮させなければならないところを、真逆の結果を、つまり行動を起こしても大した反発はないと思わせ、推進力を与えてしまっています。とんでもない話です。
何かをさせない、ということはなかなかその重要性や大変さを理解してもらえないものですが、今回の竹島、尖閣で少しは国民にも理解して頂けたでしょうか?

昨日は、夕方からさかい学を囲むバーベキューをやってもらいました。
気持ちのいい場所で、いっとき、気持ちが和みました。
多くの方のこれらの思いにどう応えていけるか、私自身も問われて行きます。
いろんなメディアでメッセージを出していきたいと思います。

 

 

屋外での料理は、豪快(いい加減?)で、これまた、楽し、です。

 

 

 

男性ばかりの集まりでしたが、仕事のことだけでなく、子育て、地域活動、趣味のこと、本当に幅広い話題で盛り上がりました。