内閣不信任案の効果

2011年06月01日

今朝は、踊場交番前の交差点での街頭演説でした。
内閣不信任案が、出されるそうです。皮肉なことに、今回の内閣不信任案は、本来とは全く別の意味合いで大変効果がありました。
民主党の内部の不満を少しでも減らしたい総理は、政局のために国会の会期延長と第二次補正予算の今国会成立を決めたようです。
あれだけ、宮城の村井知事をはじめ、被災地が補正の早期成立を求めても無視して来たのに、不信任案が通りそうだということでやっと方針転換をしました。たとえそれが民主党の内部の不満をそらすためであっても、被災地の望む方向となりました。
私は、菅総理が変われば、民主党政権でも今以上に震災復興に対しての協力は進むと思っています。今までもそれだけの提案や協力はしてきたのですが、総理が受け付けなければ形になりません。
補正予算の対応に見るように、他の人の意見や考えは入れない人だから難しいわけです。日本にとってマイナスになることをわかっていて、変えないというのはどうかなと私は思います。
内閣不信任案は否決されると思いますが、その重みを鑑みて、総理は平穏裏に退陣して次に譲るべきではないでしょうか。
原発の対応について検証作業が進み、官邸の人災であることが明らかになりつつありますが、能力がない人がやるとこれだけ酷い状況になるんだということが、国民も気がついたのではないでしょうか。