介護政策の担当になりました。

2010年10月21日

今朝は、東戸塚駅、東口にて街頭活動。その後、県連の国政調査会の活動、政策の検証作業として党本部で官僚やその他関係者から話を聞きました。 この検証作業は、今までの自民党の政権の中で行われてきた政策を見直して、評価できるところと反省しなければならないところとを整理してまとめ、県連の報告書としてあげようという試みです。
地元でも、自民党の人たちは本当に問題点がわかっているのか、政権がもし戻ればまた今までと同じことをするだけではないか?と言われますがそれに対する一つの答えにしたいとも思います。
話を聞いていると、やはり最初に制度を作るときにはよく考えて作っていると感じます。しかし、時代が変わり、状況が変わったときにそこに対応できるか、もしくはいらなくなったときに廃止することができたかと言えば、それができなかったというのが一番の問題点だったと思います。
私は、介護政策の担当となりましたのでもう少し勉強を加えて、まとめてみたいと思います。