今年も精力的に活動します

2012年01月10日

あけましておめでとうございます。

一年の始めだから、少しきりっとした切出しにしようと思っていたら、書けないまま10日になってしまいました。
今年もブログを通じて、引き続き私の思いは明らかにしていきたいと改めて思いました。

本当に穏やかなお正月でした。このお正月のような一年になれば本当にいいなあ、と思っています。
今日から仕事が本格的にスタート、という所も多かったのでしょうか?やっと朝の街頭演説時の通勤の皆さんの数も増えてきました。

今日の産経新聞に私の活動状況の記事が掲載されました。刺激的なキャッチで、それが理由か反応もいろいろありました。聞くと、勉強になることばかりで、衆知を集めろ、と松下幸之助塾主が言っていたこと、何となくわかる気がします。
ただ、記事ですから、私が書くわけではありませんので、私のニュアンスと少しずれているところもありました。私はただ、党や総裁の人気に頼るスタイルの選挙ではなく、地元を中心にしっかりと活動して自分で戦えるというところを目指して、努力していきたいと思っているのです。
党の中においても、地元有権者の付託を受けていない浪人の言うことは中々取り上げてもらえません。
だから、党や総裁に文句をつけるのではなく、そのエネルギーがあるのであればそれを地元活動にかけたいということです。
次々とやるべきと思われることを着実にやっていくことを、今、やっています。

このブログをはじめ、短い文章ではその思いを充分伝えられませんが、日々の活動を含め、その努力は続けていきたい、と思っています。