中学校の新設に向けて

2011年12月05日

今朝は、緑園都市駅で梶村充市会議員と街頭活動を行いました。

緑園都市では、中学校予定地があり、そこに中学校が欲しいという地元の要望が以前よりありました。私ももう4~5年ほどまえから、お話をしていただいておりましたが、この4月に梶村充市会議員が当選させていただいた後は、梶村市議も担当の常任委員長となり、大いに活動いただいております。教育長に直接に緑園の状況を説明いただく場をセットしてもらったり、小中一貫校の視察もこれから予定されているそうです。

子どもが減少している中、単に学校を増やすのは時代の流れに逆行しているとも言えるかも知れません。しかし、だからこそ、今までにないカリキュラムや取り組みが必要となることでしょう。その試みを行うには、緑園という地域はぴったりのような気がします。そのノウハウは緑園のみならず、横浜の財産になっていくことと私は思います。

昨日は、私がPTA会長をさせてもらっている学校のPTA役員の懇親会がありました。いつもの後援会の懇親会とはやはりうまく説明できませんが、雰囲気が違います。新鮮と言うか、落ち着かないと言うか、戸惑いを感じました。しかし、みんなそれぞれ発言してくれて、なかなかに懇親が深まるいい会だったと思います。これからの活動にも、いい影響になればいいなあと思います。