バレたモン負け、の時代?

2010年02月04日

今日は、「社会的に責任を問われている二人」のうち、朝青龍が責任をとって引退、小沢一郎幹事長は秘書、元秘書合わせ3人が起訴されたにも関わらず、幹事長続投を発表しました。
今朝の新聞にも載っていましたが、加藤鉱一・元幹事長は、秘書の逮捕で議員辞職をしています。井上裕・元参議院議長も、秘書が起訴される前に議員辞職をしています。
今回は、逮捕・起訴された石川議員本人も離党もせず、除名もせず、当然議員も辞めていません。野党3党が提出した石川議員への辞職勧告決議案も、衆議院では議論もしない、そういう状況らしいです。
こんな自浄作用が全く働かない状況が許されるのかどうか、私は大いに疑問です。

今まで言ってきたことと、180度全く逆の態度を平気でとり居座るやり方が許されるのか。
野党時代、秘書の不祥事は議員本人が辞職すべしと、あれだけ主張していながら、実際、それらが自分のところでバレた場合には、「言い訳しない。でも、責任もとらない。」で済まそうとしています。これで終わってしまうのであれば、今後何を言おうが信用なくなっても仕方ないのでは、と思わずにはいられません。
今、全国の税務署で、税の申告を前にして納税をお願いしていますが、「バレたら足りない分納めりゃ済むんだろ」との声が公然と出ているようです。
確かに専門的な部分があり、ミスだったことも当然あるでしょうけれども、1万、2万ではなく、10億円以上のお金の動きですから、国民が納得していないのは間違いないことだと思います。