チームスポーツの面白さ

2010年07月01日

毎日ジェットコースターに乗っているかのような生活を送っています。
W杯で日本のチームが惜敗したのはいつだったっけ?今日?昨日?その前?あんなに熱くなったのに、それさえあやふやになる毎日です。
それにしてもチームスポーツっておもしろいです。
今回のパラグアイ戦を観て、再び痛感しました。ここの技量を比べれば、疑うことなくパラグアイの方が数段格上でした。日本は球をすぐに取られてしまうので、長いことドリブルできず、パスしなければならなくなり、でも、無理にパスするものだからすぐカットされてしまうのです。
こぼれ球も80%以上パラグアイに拾われていました。しかし、力の差が歴然としていても、試合は点を入れないと勝てないのです。
そして、まぐれでも、偶然でも、1点でも取れば勝ちです。中身はそうでないとしても、結果は0対0。5分5分。これがチームスポーツの特徴であり、面白さであり、怖さでもあります。
だから、PK戦という個人技レベルの戦いになると、日本は不利になります。負けても仕方ないところでしょうか。
しかし課題は明らかになりました。これだけ差がついているのだから、まずはボールコントロールの技術を磨くしかありません。目標があるというのはいいことです。
次のW杯が楽しみです。