サッカーのおもしろさ

2011年01月26日

昨日、服を買った店は銀座にあるアバクロ、というお店。
ディスコみたいな入口で(と言ったら「ディスコ?古い!」と妻に言われましたが)、入口に外国人の若いイケメンの男の子が2人、”hello!”って言ってくれる。
入ると薄暗いエレベーターホールで、そこにも外国人の若い男の子2人と女の子1人がカメラを持って”記念にどう?”みたいな感じで、エレベーターが着くまで相手をしてくれる。
エレベーター男性用は7階まで、女性モノが見たい人は11階まで上がり、あとは降りてくる、という寸法。否が応でも各フロアの品物を見ることになるわけ。
そしてフロアの入口と出口と、ジーンズ記事の短パンに白いシャツを着た同じ髪型の若い女の子が立っているという設定。この各フロアも暗くて、この服の色が実際はどんな色だかがわからなくなるくらい。

いやあ、びっくりしましたね。正直、こんな店があるのか、と。
何ごとも経験です。
それにしても昨日のサッカーの日韓戦。PKでしたが、勝ててよかったですね。
後半はやはり皆さんの指摘のように少し日本がバテて、完全に押されていましたね。
でも、スポーツのおもしろいのは、優勢でも勝てないことがあるということではないでしょうか?実力が下でも勝ってしまうことがある、ということ。

今回は、日本が下とは思いませんが(FIFAのランキングでは上ですし)、とにかく何があるかわからないのがスポーツ。だからこそ、みんなを熱狂に巻き込むのでしょうね。
.