ゆいっこ 今後のプロジェクト調査

2011年04月13日

今週末の大槌町安渡小の花見における食事提供ボランティア隊ですが、私たちにとっては同時に2つのプロジェクトの調査も兼ねています。

一つは、お風呂プロジェクトです。自衛隊のお風呂ができたと聞いて一旦は引き下げたものですが、あまり利用者がいないという実態があり、現地の希望を聞いて進めることにしました。
そしてもう一つは、造船所再開プロジェクトです。岩手で最も大きな造船所が大槌町安渡地区にありました。当然、今はガレキの山となっていますが、ここが再開しないことには、宮古~山田町~大槌町~釜石~陸前高田~大船渡の各漁船が全く修理できません。逆に言うと、ここが再開すれば、沿岸地域にも、漁師の皆さんにも一筋の光が見えてくることになりますし、修理が終わった船から再び漁に戻ることが沿岸部の復興を示すメルクマールともなろうかと思います。
これらは、ふるさと再興運動になっていってほしいと思います。若い世代で首都圏などに出ている人たちがこの被災を機にふるさとに戻り、彼らが今後の地域を担っていければ理想ではないでしょうか。