もっとわかりやすい政治を

2012年08月09日

今朝は、東戸塚駅東口にて、鈴木太郎さんと一緒に街頭活動を行いました。

昨晩、三党合意を維持して一体改革の法案を通すことに、自民党谷垣総裁も了承しました。明日、採決されるようです。
昨日も書きましたが、今回も大変わかりにくい対応だったと思います。
それは、三党合意を交わす時に突っ込んだやりとりをしていなかったからだと思います。
表面だけ見ていれば、さんざん三党合意の精神と違う言動や行動が行われた結果、他の野党からの不信任を機に堪忍袋の緒が切れた状態で、今回の、破棄もあり得るつまり不信任案を自民党からも出すと宣言したのに、話し合いをしたら具体的には何も変わったところを説明されないのに引っ込んでしまったということになりました。何があったのか、当然何かあったということを想定しますが、それが今までの答弁とあまり変わらない内容では、国民も釈然としないと思います。
政治にはもちろん言わない部分、言えない部分があるのもわかりますが、今の時代はそれを無条件で国民が了解してくれるとは思えません。できる限り今の時代は、表に出して、わかりやすく説明をして行っていくべきです。
国の将来のために必要であればそれを堂々と主張して進めて行くことです。そこが基本でないと、国民の支持は得られません。今回も残念ながら国のためにというよりも党利党略のためにという印象を持たれる方も多いのではないでしょうか?
私たち浪人組は、早い選挙を望んではいますが、どっちみちあと任期満了まで一年です。
国のためにやるべきことはしっかりやってもらいたいとそれ以上に望んでいます。
現職の議員は、そこを考えてもらいたいと思います。