みなさんの思いを“見える”かたちで

2011年03月16日

今回の大地震に際し今、募金活動をやっています。
皆さんから託してもらった募金を、日赤などに寄付するというやり方もありますが、私は“顔の見える支援”“実感することのできる支援”をしたい、という思いがありました。
大きな組織に寄付したらそれでおしまいです。多くの方から託された思いがどのように使われたかもわからないままです。

そうではなくて、協力してくれた人たちに、こう役立ったというのをちゃんと報告できるような形で現地に渡したいという思いがありました。

逆に、同じようなことを被災地の県でも考えている人たちがいました。その人たちが、本日「ぼくらの復興支援 いわて結(ゆい)っこ」という会を立ち上げました。彼らは単なる被災地支援、ボランティア受け入れという業務だけではなく、理想の街づくりを目指してこれからの復興を担っていきたいというグループです。

そのような経緯から今回、私に託していただいた多くの方々のお気持ちの表れである基金は、この会を通じて必要な形で支援に役立たせていただきたいと思っています。

近いうちに私自身が現地に行って責任をもってお届けしたいと思います。
ご協力してくださった皆様には、ご理解いただきますようお願いいたします。