そんなに楽しそう?

2011年01月21日

今朝は、瀬谷駅南口で街頭活動を行いました。川口まさとし市会議員と、今回県会議員選挙に挑戦する内田高広君と一緒でした。

その後、石井もとみち県会議員の旅行会の見送りに行きました。残念ながら、私は武道始やら新年会やらがあり参加できませんでしたが、ほぼ予定通り、楽しい旅行会だったそうです。
イチゴ狩りメインだったそうですがもう鈴なりになっていたそうです。

そして、最近、新年会の合間をぬってミュージカルの稽古に行っています。2月の5日、6日の両日、泉区のテアトルフォンテで行われる区民ミュージカルにひょんなことから出ることになりました。
もちろん、芝居など初めてだし、ミュージカルなどほとんど見たことがない状態。参加している他のメンバーは、高いモチベーションを持って来ているので、そのギャップにとまどうこともありました。

しかし、最近頻繁に集まり、真剣に一生懸命やっている姿を見ているうちに、私だけかもしれませんが、親近感というか、メンバー・仲間というか、そういう感じを持つようになりました。

我が家に帰っても、妻や長女に、「なんだか楽しそう」と言われてます。
長女などは、「お父ちゃん、楽しそうで何か気に入らない」とまで言う始末。しかし、こちらは本番が近づくに連れて少しずつプレッシャーを感じるようになりました。
出番そのものは短いし、セリフも短かく、ちゃんと私のことを配慮してくれているのですが、なんと、このミュージカルの大事なメッセージに絡む役所がまわってきてしまったのでした。

 聞いただけで、うっ、難しそう、というものです。

「さかいさん、感情移入して表現するのは苦手だよね」って日頃から言われているんだよなぁ・・・とひるみかけていますが、「あきらめない」を合言葉にチャレンジしてみます。