「森と風のがっこう」に行ってきました。

2011年10月18日

今朝は、戸塚駅の西口の地下通路にて鈴木太郎市会議員と活動を行いました。

先日、岩手に一泊二日で行ってきました。
今度、支援活動グループゆいっこが、瀬谷フェスティバルにテント出します。その打ち合わせと今後の活動についてなど打ち合わせをしてきました。

また、同時に葛巻町の「森と風のがっこう」にも行ってきました。
山の中にある、限界集落にある小学校の分校跡を改装して、とにかく子どもたちがいろんなことを体験する場所として、作られています。
自然エネルギーでの生活も徹底しておりますし、廃材を利用して改装された喫茶店も見事なものです。ビル・モリソンのパーマカルチャーを実践している場所でもあります。

そこで頑張っている吉成さんご夫婦を始め、スタッフには大変なことも多いのでしょうが、私にはうらやましい環境であり、子どもたちには最高の環境であると思いました。
料理も、土のかまどで火をおこすところからスタートします。風を入れると燃えるとか、強すぎるとだめだとか、いきなり太い木には火がつかないとか小さなトライアンドエラーを繰り返していました。この試行錯誤が実は子どもには必要です。

これが、工夫する、考える癖となり、壁にぶつかってもそれを何とか乗り越えていこうという力につながっていくのだと思っています。私もいつか子どもたちを連れていきたい、と思いました。そういう場所でした。