「国」を思う

2010年06月25日

今日は一日中大変暑い、いい天気でした。
そしてなんと言っても、日本の勝利!朝、3:30頃からの試合中継でしたから、眠かった人も多いのでは?
明け方ちょっと涼しいな、と起きて、ついでにテレビをつけるとすでに2-0で勝っているじゃありませんか!!
えっ?! びっくり。
しかし、どういうゴールだったのかVTRで確認するまでは、なかなか信用できませんでした(日本代表のみなさん、ごめんなさい)。
そうこうしているうちに、ペナルティキックで1点差に。
それでも、今日の日本代表は、落ち着いていて頼もしかった気がします。
日本全国がサッカーに席巻されて、参院選も追いやられているようです。しかし、このサッカー、日本や日本人が「国」を感じられる、大事なイベントでもあります。
「国を背負う」という意味を、選手は感じているし、国民はそれを期待しています。
思い出すのは、昨年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での決勝戦。イチローのセンター前ヒット。
みんなの気持ち、感動が一つとなるのは、大切な機会だと思います。