ゆいっこブース大盛況でした!

2013年02月18日

自民党横浜市支部連合会主催の「新春のつどい」にゆいっこブースを出店させていただきました。
今回はパーティ会場入口前という好立地で展開させていただき、参加された皆さんに大槌の海産物や手作りの雑巾をご紹介することができました。
大規模なパーティでしたが、自民党青年局の方々、市会・県議会議員の方々が商品のご案内を一緒に行ってくださったおかげで、たくさんの方々にお買い求めいただくことができました。また、受付の仕事の合間を縫って、女性局の方々も代わる代わる買いに来てくださいました。
ありがとうございます。

今回も新しいメンバーが加わりました。
少しずつ「復興支援」の空気が薄れているなかで、私達ゆいっこを見つけ出して、「一緒にやろう!」と言ってくださる方々がいることに、本当に感謝します。

これからも、いろいろな場所に出かけていき、被災地の物産や手作り品を紹介していきます。
どうぞよろしくお願いします。

↑ 開宴前のひととき、商品を詳しく説明させていただくことができました。

↑ さかい太市会議員も大声で呼び込み。他にも多くの議員さんたちがお客様に呼びかけてくださいました。

↑ さかい学が「復興大臣政務官」に就任したご報告とともに、ゆいっこブースのご案内をすると、またたくさんの方々がブースまで足を運んでくださいました。

↑ 販売を手伝ってくださった自民党青年局、市会議員の皆さんとゆいっこのスタッフ(の一部。他にもたくさんの方々が大声を張り上げてご案内して下さいました)。

↑ 今回のゆいっこスタッフ(の一部)。遅れて参加したさかい学も記念撮影に収まりました。

↓ 打ち上げ。

↑ 販売後の打ち上げ。みなさんの「復興支援」への思いを聞かせていただきました。
他の団体でも活動をしていたメンバーが、支援ムードが薄れてきたなか、いかに活動を継続するのが難しいことかを話し、今後のゆいっこの活動をどうしていったらよいかという話にも広がりました。
また、さかい学が復興大臣政務官になったこともあり、みなさんからもさまざまな提案、要望が出ました。