• ホーム
  • » 活動報告 » 自民党戸塚区支部大会・山谷えり子議員の講演会を開催しました!

自民党戸塚区支部大会・山谷えり子議員の講演会を開催しました!

2014年07月22日

自民党戸塚区連合支部の党員大会が開催されました。
今回は山谷えり子参議院議員を講師にお招きし、「日本を取り戻す」安倍政権で日本を取り戻すために大切な「家族」「教育」についてお話しいただきました。

IMG_0761_blog

山谷えり子議員の発言抄録

「安倍政権は『日本を取り戻す』と約束をして立ち上がりました。「経済」もそうですが、日本は「文化」「教育」、そして拉致された方々も取り戻さなくてはなりません。」
「学校で道徳をやりたがらない/やれない先生がいらっしゃるんです」(提示しているのは道徳の教材)
「『日本の領土を守るため行動する議員連盟』の会長として、もっともっと子どもたちに日本の領土に対する意識を持ってもらえるよう、教育現場に働きかけていきます。」
「一昨年、中国との関係(悪化)で日本の海上自衛隊はミャンマーから入港拒否されていました。しかし、昨年は入港拒否どころか、歓迎されました。日本の周りの状況が目まぐるしく変わる中で『集団的自衛権』をどう考えるか。」
「日本人は学校で『アメリカのゲティスバークの演説』や『フランスの建国の理念』は習って知っていますよね。では、日本の建国の理念を知っていますか?」

DSC_0571_2014-7-22_blog

自民党戸塚連合支部党員大会

↑ さかい学も国政報告をしました。特に、今「日本の国民と領土を守る」という大きな課題があり、その中で「集団的自衛権」の議論をもっともっと深めたいということを訴えさせていただきました。

DSC_0824_2014-7-22_blog

↑ 「日本に生まれてきてよかったと言える地域をつくるためにもしっかりと働いていきます!」と松田よしあき県会議員。「一生懸命やっている人ががんばれるチャンスをつくるために、これからもあきらめず、もがいていきます!」と鈴木太郎市会議員。市・県・国の三議員で頑張っています。

IMG_0763_blog

↑ さかい学が支援している「子宮頸がん被害者の家族会」の方々から、山谷えり子議員へ花束贈呈。山谷えり子議員は子宮頸がんワクチンの無料化、接種推進に疑義を唱えて活動しているということもあり、さかい学が被害者の会の方々に「よかったら、ぜひ来てください!」とお誘いしていました。

IMG_0770_blog

↑ 講演後、「ゆいっこ」で販売している大槌町の海産物の乾物、仮設住宅の方々の手作りの布製品をプレゼント。「さかいさん、政務官としてだけじゃなくて、個人的にも相変わらず支援活動で頑張ってるわね」「さかいさん、アイデアマンだからねぇ」と、山谷えり子議員。

IMG_0772_blog

↑ この日のゆいっこスタッフさんたち。「ありがとう!がんばってね!!」と山谷えり子議員。