第1回安全保障を考える会を開催いたしました!

2011年01月18日

全6回シリーズ「日本の安全保障を考える会」の第1回目を開催いたしました。
テーマは”日本を取り巻く安全保障の現状―日本への脅威と陸海空の防衛力”。
 
昨年の「日本の安全保障を学ぶ会」にお越しいただいた方の中でも特に関心のある、
専門的な知識を持った方が、さかい学と日本の安全保障を考えました。

講師に民間の軍事研究者である竹内理氏をお招きしての2時間でした。
案内人は坂井学です。また、元自衛隊のボランティアさんにも手伝ってもらいました。

今回17名の方に参加をしていただきました。

さかい学から趣旨の説明。さかい学の安全保障に対する見識を高め、国政に活かす。

講師の竹内理氏の講義。皆さん真剣に聞いております。
自衛隊の意義、国防に対する質問・意見を皆さんで投げかける。
講師の竹内氏も即座に明確な回答を行う。

自衛隊の重要性について、さかい学もどんどん質問を投げかける。
陸上自衛隊のマンパワーの重要性を皆さんと共有する。
海上自衛隊は、国のシーレーンを守る。
航空自衛隊は、国も領空を守る。

元自衛隊のボランティアさんもスタッフとして経験談・現状を話す。
自衛官だったから分かる話、言える言葉も多い。
参加者の歓心を得る。

2時間たっぷり使い切り第1回目の会は終了しました。
今回の参加者からは、
「講師の先生の質の高さに驚いた!」
「また、ぜひ参加をしたい!」
「中国・ロシアになめられている日本を現状から救って欲しい!」
という、声がありました。

皆様にご協力いただき、ありがとうございました。
次回の開催は、4月を予定しております。