泉区民ミュージカル!

2011年02月06日

昨日、今日行われた泉区民ミュージカルに参加し、出演しました。テアトルフォンテで2/5昼・夜の2回、2/6昼の計3回。 私は初めての舞台ということで、何から何まで珍しく、とてもいい経験をさせてもらいましたが、スタッフやメンバーのみんなには、かなり気を遣わせてしまいました。

最後の回では、パン屋さん役で踊るのに帽子を忘れてしまい、他の二人も帽子なし、という迷惑までかけてしまいました。 踊りも遅れたり、忘れたりがあり、そうした失敗を一つひとつ覚えていては気が狂ってしまうのでは?というほどのとちりがありました。ただ、いるべき時に舞台にいないという「出とちり」だけはなかったので・・・。

いやぁ、かなり練習にも通いましたが、やっぱり充分ではなかったようですね。でも、楽しく、心が湧き立つような思いもできました。演劇、舞台にはまる人の気持ちも少しわかった気がしました。

打ち上げでは、支えてくれたスタッフとも話をする機会をいただき、芝居の厳しさを改めて感じました。
この区民ミュージカルは、泉区ならテアトルフォンテ、戸塚なら応援団がサポートをしてくれて、ある意味大変贅沢な機会だと思います。こんな恵まれた環境はおそらくないのだろうと、つくづく感じました。
役があって当たり前区民ミュージカルだけど、本当は本気で役を取りに行くということもきっと一つの大きな厳しさなのでしょう。

それにしても、本当によい機会をいただきました。ありがとうございました。
また観に来てくれたみなさんも、ありがとうございました。